読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPhone買い替え後に即やるべき3つのこと 新機種に買い替えても、元の端末の環境をそ

iPhone買い替え後に即やるべき3つのこと 新機種に買い替えても、元の端末の環境をそっくり復元できるのがiPhoneの利点だ(著者撮影)  決済用にFeliCaを搭載したり、防水・防塵を取り入れたりと、日本市場を強く意識した製品に仕上がったiPhone 7と7 Plus。こうした特徴が人気を博し、3キャリアとも事前の予約は過去最高を記録した。 シリコンiPhone7ケースデザインこそ大きく変化していないが、新色のブラックとジェットブラックがあるのもiPhone 7、7 Plusならではで、これを機に、機種変更を考えているビジネスマンもいるはずだ。 この記事の写真を見る  iPhoneの機種変は、従来型ケータイやAndroidスマートフォンと比べても、非常に“スマート”だ。 iPhone6ケースハードウエアからOSまでも一手にアップルが手掛けているだけに、データだけでなく設定などの使用環境まで、ほぼ丸ごと新しいiPhoneに移すことができる。ただし、ちょっとしたコツが必要で、普通にiCloudから復元しようとすると、かえって手間がかかるケースもある。 超人気iphoneケース  アプリによっても、対応状況はまちまちで、LINEのように、複数の端末に同時に存在できないものは、個別に機種変更の設定をしなければならない。今回は、iPhoneをスムーズに機種変更する裏ワザを紹介するとともに、使わなくなったiPhoneのデータをきちんと消去するための方法もお届けする。 iphone7ケース ■1.データ移行は「iTunes」が確実  iPhoneはアップルのクラウドサービスであるiCloudに、自動でバックアップを保存できる。そのため、強くバックアップを意識しなくても、機種変更時に前の機種からクラウド経由でデータを引き継ぐことが可能だ。 超人気iphone7ケース画像やアプリはもちろん、表示していたウェブサイトや設定の一つひとつまで、完ぺきに元どおりに戻してくれるのが、iPhoneのバックアップの強みと言える。 ただし、iCloudによる復元は完全ではない  ただ、iCloudで復元できる項目には限りがある。 シャネルiphone7ケースたとえば、アプリは自動で再ダウンロードされる形となり、App Storeから消えているものなどは復元できない。また、写真などのデータが多いと無料で使える5GBを簡単に超えてしまうため、追加の料金が必要となる。 iphone7ケースネットワークを経由して非常に大きなデータをダウンロードするため、復元にも時間がかかる。  このような復元の手間や、復元にかかる時間を考えると、機種変更のときは、あらかじめiTunesにバックアップを取っておいたほうがいい。 iphone7ケースどのくらい容量を使っているのかにもよるが、PCを使えば、30分から1時間で前と同じ環境に戻すことができる。Touch IDの指紋データなど、一部はバックアップに非対応だが、暗号化しておけばパスワードやWi-Fi設定などまで丸ごと復元してくれるのが便利だ。 YSLiPhone6ケースiCloudへのバックアップはもしものときの備えと考え、機種変更時はPC経由にすることをオススメしたい。  バックアップ方法は非常に簡単で、まずはiPhoneとPCをケーブルで接続する。 iphone7ケースすると、初期設定の場合、自動でiTunesが立ち上がる。iTunesが起動しない場合は、自分でアイコンをダブルクリックすればいい。 シリコンiPhone7ケースiTunesでは、iPhoneの「概要」を開き、「バックアップ」の項目で、「このコンピュータ」を選択。パスワードなどまで丸ごと移行するには「iPhoneのバックアップを暗号化」も必要となるため、忘れずにチェックをつけておきたい。 iphone7ケースちなみに、暗号化を行う際にはパスワードを決める必要がある。このパスワードは、復元時に使うため、覚えておくようにしたい。 超人気iphone7ケース設定が済んだら、あとは「今すぐバックアップ」ボタンをクリックするだけだ。  新しいiPhoneを買ってきたら、同じようにPCにケーブルで接続。 iphone7ケースiTunesが立ち上がると、iPhoneの初期設定画面が現れる。ここで先ほどバックアップしたデータを指定すれば、機種変更前の環境を、ほぼ丸ごと新 使って分かる「iPhone 7/7 Plus」のメリット・デメリット 「One」にも注目 iPhone 7 Plusで「簡易アクセス」  今回のITmedia Mobile Weekly Top10は、9月19日から9月25日までのアクセスランキングを集計しました。 iphone7ケースiPhone人気の中、ランクインしたAndroidスマホ】  ランキングの1位は、「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」を1週間使った石野純也さんによるレビュー「iPhone 7/7 Plusを1週間使って感じた『進化』と『不満』」でした。  iPhoneは2014年に発売した「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」で画面の大型化に舵を切りました。 シリコンiPhone7ケーススマートフォンの画面を大型化すると、片手操作がしづらくというデメリットがあります。そこで、両機種以降のiPhone(「iPhone SE」を除く)では、画面表示の上半分を下げて表示する「簡易アクセス」という機能を備えています。 iphone7ケースホームキーを2回タップすると、機能のオン/オフを切り替えられます。  ユーザーインタフェース(UI)デザイン上、iPhoneiOS)用アプリでは「戻る」「キャンセル」「選択」といった利用頻度が高めのボタンが画面上部に偏りがちです。 iphone7ケースゆえに、片手操作では簡易アクセスを利用する頻度が増えます。  しかし、筆者の場合、iPhone 7/7 Plusで簡易アクセスを使おうとすると、「誤爆」してタスク画面が表示されてしまうことが多いのです……。 シリコンiPhone7ケースホームキーが完全なタッチセンサーになった影響でしょうか……?  防水・防塵(じん)対応やFeliCa対応など、今までのiPhoneにはない魅力を備えたiPhone 7/7 Plusですが、筆者にとっては新しいホームキーは現時点では「不満」要素になってしまっています。  ちなみに、Androidスマホでは、簡易アクセス相当の機能をメーカーが独自に実装しています(実装していないメーカーもあります)。中でも、富士通コネクテッドテクノロジーズ(旧・富士通)の「arrows(ARROWS)」シリーズはその先駆けで、「スライドディスプレイ」という名称で2013年夏モデルからこの機能を搭載しています。  また、Windows 10 Mobileは、OSレベルで画面下げ機能を備えていて、Windowsキーを長押しすると画面が下がってきます。 iphone7ケース  4位に入った「『iPhone 7/7 Plus』ついに発売! iPhoneだらけになると思いきや……」は、毎週土曜日に掲載している「携帯販売ランキング」の9月12~18日分の記事です。  9月16日にiPhone 7/7 Plusが発売されたことから、総合販売ランキングはiPhoneで独占……と思いきや、10位にY!mobileのシャープ製Androidスマホ「507SH」がランクインしました。 超人気 マイケルコースiPhone6ケース  507SHは、日本市場では初めてGoogleの「Android One」プログラムを採用した機種として登場しました。OSのバージョンアップ保証(発売後18カ月間・最低1回)やセキュリティアップデートの月次提供(発売後最低2年間)など、Android Oneとしての要件を満たしつつも、防水(IPX5/8等級)・防塵(じん)(IP5X等級)性能やワンセグ受信機能といった日本市場で高いニーズのある要素も取り入れています。 超人気iphone7ケース